空き家や土地を有効に活用する方法はさまざまです|KAY不動産コンサルティング

MENU

不動産売却・利活用を
成功させるポイント

売却までの考え方やさまざまな空き家活用法を知りましょう

住む予定がない空き家は修繕して人に貸したり、利活用したり、または解体して土地活用することができます。使い道がない土地もさまざまな活用方法があります。不動産活用を検討されている方は、京都市下京区のKAY(カワイ)不動産コンサルティングにお気軽にご相談ください。経験と実績が豊富な不動産コンサルティングマスターの資格を持つ担当者が、お客様に最適な不動産活用のご提案をさせていただきます。

家を売却すれば「誰かが家を買う」ことになります

家を売却すれば「誰かが家を買う」ことになります

よく「不動産購入は一生に一度の大きな買い物」と言われます。多くの方は、不動産は購入して保有するものと考え、売却する方法について考える機会はほとんどないでしょう。そのため、さまざまな事情により不動産を売却することになっても、最適な売却方法について悩まれることが多いです。

不動産売却は買い替えや住み替えなどで計画的に行うこともあれば、債務返済や離婚などで急に必要になるケースもあります。一方で不動産を購入する多くの方は計画的に考え、時間をかけて最適な物件を探そうとされるため、不動産のプロの仲介が必要になります。

売る側も買い手側も
それぞれ理由があります

家を売却したい理由 家を買いたい理由
  • より条件のよい住まいへの住み替え
  • 手元に資金が必要になったため
  • 売りどきだと思ったため
  • 転勤が決まったため
  • 相続した不動産の税金対策のため
  • 離婚で財産分与するため
  • 家賃と同じローン支払いで家に住める
  • 周囲に気を使わずに子育てできる
  • 子どもの成長や家族構成に合わせられる
  • 住宅ローン減税の優遇がある
  • 退職後は住まいの心配がいらなくなる
  • 子どもたちに相続資産を残せる

空き家にはさまざまな
活用方法があります

修繕して人に貸す 解体して土地活用

修繕して人に貸す

比較的新しくロケーションに恵まれている物件や、耐震基準を満たさない老朽化した物件でも適切に修繕・リフォームすれば、賃貸にして家賃収入を得ることが可能です。
借り手がつくかどうかによりますが、毎月の家賃収入から固定資産税や維持管理の費用を捻出することができます。ただ、築年数に応じた修繕・リフォームは必要です。

解体して土地活用

老朽化し、修繕費のコストがかかる建物は解体し、更地にして土地活用を考えます。都心部ならアパートを建設し、家賃収入を得ることも可能です。
あまり賃貸ニーズが期待できない地方や郊外であれば、屋外の太陽光発電施設や貸地として活用する方が現実的です。幹線道路に面した土地ならコンビニに賃貸し、賃料収入を得る方法もあります。

不動産活用を成功させたい方へ

信頼できる会社に依頼する 複数の土地活用プランを比較する
信頼できる会社とは、決して有名な大手ということではありません。お客様が所有する不動産の立地条件や資金状況などを踏まえて、最適な不動産活用プランを提案してくれる業者であることが大切です。
担当者との相性も重要で、お客様が抱える不動産のお悩みや疑問に親身に応えてくれる、信頼できる担当者に土地活用を相談しましょう。
お客様が希望される土地活用プランがベストとは限りません。最適なプランを選ぶには不動産のプロに相談し、複数の土地活用プランを比較・検討することをおすすめします。
お客様に適した土地活用の収益性や、建築費用の中身が業者によって違うこともわかります。その中でお客様に最適な土地活用プランを選ぶようにしましょう。

PICK UP!KAY不動産
コンサルティングへ何でも
お気軽にご相談ください

PICK UP!KAY不動産コンサルティングへ何でもお気軽にご相談ください

京都市下京区の株式会社KAY不動産コンサルティングは、業界で25年以上のキャリアを持ち、数少ない不動産コンサルティングマスターの資格を取得しています。過去には事業用など大きな物件を取り扱い、大手企業からご相談を受けた実績もあります。
豊富な経験と確かな実績を活かしながら、お客様にご説明する際は分かりやすい資料をご提示し、ご相談も親身にお伺いいたします。不動産でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

当社が不動産売却でお客様に選ばれる理由はこちらのページでご紹介しています。

株式会社KAY不動産コンサルティングが
支持される理由

to top