不動産売却や賃貸・利活用など何でもご相談ください|KAY不動産コンサルティング

MENU

売るか貸すかで
お悩みの方へ(不動産活用)

お客様の目的に合わせて最適な不動産活用をご提案します

不動産活用の前に老後資金や節税対策、不動産投資、相続した土地を維持するなど、活用の目的を明確にすることが大切です。不動産の利活用には不動産売却や賃貸、施設運営などさまざまな方法があります。売却して老後の資金にしたり、相続した土地を駐車場にしたり、アパートやマンションなど収益物件を運用したりすることも可能です。京都市下京区のKAY(カワイ)不動産コンサルティングは、お客様の目的に合わせて最適な方法をご提案します。

お持ちの不動産を
どうしたいのか
ご希望はありますか?

不動産を売却したい 不動産を誰かに貸して、収入を得たい
  • 高く売りたい場合は「仲介売却」
  • 早く売りたい場合は「不動産買取」
  • ローン返済でお困りなら「任意売却」
  • 空室対策でお悩みなら「仲介売却」または「運用」
  • 駐車場やコンビニなどのオーナー収入を得る
  • アパートやマンションを建て、賃貸収入を得る
  • 高齢者施設の土地活用で安定した収入を得る

不動産活用の明確な目的を
決めましょう

  • 税金関係を万全にしたい

    土地や家など不動産を所有していると、毎年、固定資産税などの税金が課税され、負担額が気になるものです。固定資産税は土地に建物が建っていると優遇措置が受けられ、更地の場合の6分の1になることをご存知でしょうか?つまり、建物のない土地のままだと土地付き住宅の6倍の税金を支払っていることになります。

    言い換えると使っていない土地があれば、何か建物を建てるだけで節税対策を行うことが可能です。親から実家を相続した場合も、同じように優遇措置が適用されます。

  • 老後のためのお金を貯める

    定年退職後は一般的に年金生活を送ることになりますが、現在の年金額だけでは長い老後の暮らしを支え切れません。手元の貯金を取り崩すなどして、何とかやりくりしなければならない現実があります。今後、定年を迎える方たちは年金だけでなく、退職金も当てにできなくなるかもしれません。生涯現役で働き続けるのも実際には厳しいでしょう。

    そうなると収入源として手持ちの土地にアパートを建て、大家さんとして家賃収入を得る方法は有望な選択肢になります。一定の入居率を確保できれば、老後資金として安定した収益を生んでくれるからです。

  • 不動産投資家として
    賃貸経営を
    してみる

    老後の暮らしを支えるための安定した収入源として、アパートやマンション経営を行うのは現実的な選択です。可能であれば、より積極的なビジネスチャンスと捉えてはいかがでしょうか。不動産投資家としてアパートやマンションの賃貸経営にチャレンジしてみるのです。

    はじめは価格が安い戸建て住宅などから始めてみます。小さな物件であれば、リスクも小さくなります。収益が上がり、収入が安定してきたら新しい投資物件の購入を検討していくのです。それが軌道に乗ると、不動産ビジネスが面白いと感じるようになるでしょう。

  • 受け継いだ土地を
    上手な活用で残す

    先祖代々相続してきた土地はそう簡単に手放すことはできず、できれば子どもや孫の世代まで受け継いでもらいたいと思うでしょう。毎年、固定資産税や維持費用の負担はありますが、思い切って土地を上手に活用することで負担を減らすことが可能です。収益を挙げられるようになれば、税金などのランニングコストを捻出することができます。例えば駐車場や資材置き場、定期借地として一定期間貸し出すなどの方法があります。もちろん、所有者様が直接関わる必要はなく、不動産活用のプロに相談すれば、必要なサポートを受けることが可能です。

土地を活用するなら
いろんなパターンがあります

駐車場経営

駐車場経営

駐車場経営はアパートの賃貸経営のように建物を建てる必要がないため、初期費用が少なくて済み、狭小地や変形地でも活用することが可能です。地震などの災害が起きても、アスファルトやコンクリート舗装を行えば、修復できるので災害にも強い土地活用と言えます。駐車場経営には月極駐車場とコインパーキングがあります。収入が大きいのはコインパーキングですが、初期費用や手間が少ないのは月極駐車場です。

高齢者施設

高齢者施設

老人ホームの建物を建設し、施設運営事業者に1棟貸しする方法です。1棟貸しのため、管理の苦労がなく、撤退するリスクも一般的には低いです。バス停などから徒歩圏内にあれば、運営事業者のニーズが期待できます。一方、介護報酬の規定が厳しくなっているため、計画の際にはご注意が必要です。

ロードサイド物件

ロードサイド物件

ロードサイドとは沿道のことで、幹線道路など通行量の多い道路の沿線において、車・バイク・自転車でのアクセスが主たる集客方法である場所にある物件を指します。例えばコンビニやコインランドリー、スーパー、量販店などで、業態によって必要な敷地面積はさまざまです。

PICK UP!活用で悩まれている方、
お気軽に
KAY不動産コンサルティングに
ご連絡ください

PICK UP!活用で悩まれている方、お気軽にKAY不動産コンサルティングにご連絡ください

京都市下京区のKAY不動産コンサルティングは、25年以上のキャリアがあり、戸建てやマンション、1棟アパートやオフィスビルなど事業用物件まであらゆる不動産のご相談が可能です。経験豊富な不動産コンサルティングマスターが、幅広い視点からお客様に役立つご提案やアドバイスをさせていただきます。不動産を売却するのか、賃貸にするのか迷っている方も、まずはKAY不動産コンサルティングにお気軽にご連絡ください。

to top