価格重視なら仲介売却をおすすめします|KAY不動産コンサルティング

MENU

なるべく高く売りたい
仲介売却

仲介売却は時間をかけて
高く売ることができます

住み替えやご両親との同居などで不動産を売却されるなら、仲介売却をおすすめします。時間をかけて売却する方法で、ご納得できる価格の不動産売却が可能です。京都市下京区のKAY(カワイ)不動産コンサルティングは25年以上の実績があり、不動産コンサルティングマスターの資格も有しています。一戸建て売却やマンション売却、事業用物件の売却にも対応し、弁護士や税理士などのご紹介も可能です。不動産売却はお気軽にご相談ください。

不動産に関してこのような
お悩みはありませんか?

  • 大事な持ち家を手放さなければならない事情ができた
  • 子どもたちが成長し、子ども部屋が持てる広い家に住み替えたい
  • 通勤や通学を考えて便利な場所に引っ越したい
  • 年老いた両親との同居を検討している
  • 維持管理が大変なので賃貸への住み替えを考えている
  • 持ち家がどのくらいで売れるのか相場が知りたい
  • 離婚のため、マンションを売却して財産分与しなければならない
  • 毎月の住宅ローンの返済がキツくなった
  • 近所に知られずに持ち家を売却したい
  • 相続した空き家をそのまま放置している
  • マンションやアパートの管理が大変で追いつかない

買い主様と売り主様をつなぐ
仲介売却です

買い主様と売り主様をつなぐ仲介売却です

「仲介売却」は不動産会社が売り主様と買い主様の間に立ち、契約を成立させる売却方法を指します。不動産売却は大きく「仲介」と「買取」の2種類があり、仲介売却は不動産会社が購入者を探す一般的な方法です。

具体的には物件を査定し、売買価格を決定した後、物件を販売するために、チラシやインターネット、物件の内覧などの調整も行います。売買が成立すれば、契約書の作成や締結、決済、物件の引渡しまで担当します。

成約時に不動産会社に仲介手数料を支払う必要がありますが、時間をかけてしっかりした売却活動を行うため、不動産を高く売ることができます。また、立地条件が良いなどで人気の希少物件であれば、さらに高い価格で売りやすくなります。

PICK UP!ご希望があれば弁護士や
税理士なども
ご紹介できます

株式会社KAY不動産コンサルティングは不動産コンサルティングマスターの資格を有し、マンションや一戸建て、事業用物件の売却まであらゆる不動産売却のご相談に対応いたします。相続物件や離婚による財産分与、税金対策のために不動産の売却をご検討されているお客様は、ご希望があれば、法律や節税の専門家である弁護士や税理士などにご紹介させていただきます。不動産売却でお悩みを抱えているお客様も安心してご相談ください。

KAY不動産コンサルティングは
25年の実績から京都市の情報に
詳しいです

KAY不動産コンサルティングは25年の実績から京都市の情報に詳しいです

京都市下京区のKAY不動産コンサルティングは、地域密着で地元情報に詳しく、周囲の売却実績から相場に合わせた金額設定が可能です。一つひとつの案件に丁寧に対応し、スピーディな売却を行います。高く売りたいお客様には、売却実績から正直な評価をお伝えしています。適正な価格設定をすることが、不動産売却ではもっとも重要です。

PICK UP!当社では事業用物件や
1棟マンションなども
積極的に対応します

PICK UP!当社では事業用物件や1棟マンションなども積極的に対応します

京都市下京区のKAY不動産コンサルティングは、25年以上のキャリアがあり、過去にはマンションデベロッパーや、アパート・ビルなど大きな事業用物件の取引に携わった経験があります。不動産コンサルティングマスターの資格を有し、幅広い視点からお客様に役立つ、専門的なご提案やアドバイスをさせていただくことが可能です。事業用物件や1棟マンション、アパートなどの売却のご相談にも積極的に対応いたします。

事業用物件の売却をご検討されている方は、こちらのページをご覧ください。

事業用物件を売却したい方へ

仲介売却を選択すると売り主様にとってどのようなメリットがあるのでしょうか

仲介売却を選択すると売り主様にとってどのようなメリットがあるのでしょうか

仲介売却の大きなメリットは、買取よりも高い金額で売却できる点です。不動産会社の仲介により、売り主様の希望価格で販売することができるため、条件に合う買い主様が見つかれば、希望通りの売却が可能です。

売買が成立すると不動産会社に仲介手数料を支払いますが、それだけ広告などの宣伝活動や物件のアピールなども積極的に行ってくれます。一方、不動産会社の販売力や売り出し価格により、計画通りに売却できないケースも想定されます。

仲介売却にはいろいろな
契約の仕方があります

メリット デメリット
一般媒介契約 複数の不動産会社と契約を結ぶことが可能です。不動産情報が多くの方に届けられるため、成約の可能性が高まります。
また、媒介契約を結んでいても、不動産会社を通さずに自分で買い手を見つけることができます。
不動産会社は他社に契約を決められる可能性があるため、積極的に販売活動をしない場合があります。
販売状況の定期的な報告やREINSの登録義務もありません。人気物件以外は売れ残るおそれもあります。
専任媒介契約 1社のみと契約を結ぶため、熱心な販売活動が期待できます。自分で買い手を見つけることも可能です。2週に1回の状況報告と、REINSの登録義務もあり、販売活動に有利です。 契約できる不動産会社が1社のみのため、物件が売却できるかどうかは、その不動産会社の営業力や販売活動の成果頼みになります。
また、他社と競争がないことで営業が活発でなくなる場合もあります。
専属専任媒介契約 専任媒介契約と同じく1社のみと契約を結ぶため、積極的な販売活動が期待できます。
販売状況の報告は7日に1回以上で、REINSの登録義務は媒介契約締結後5日以内のため、より販売活動に有利です。
他の2つの媒介契約とは異なり、自分で買い手を見つけることができません。
もし、売りたい相手がいれば、専属専任媒介契約を結んだ不動産会社に売買契約を媒介してもらうことになり、仲介手数料がかかります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

絶対に知っておいた方がいい、
REINS(レインズ)の仕組みと機能

絶対に知っておいた方がいい、REINS(レインズ)の仕組みと機能

「REINS(レインズ)」はReal Estate Information Network Systemの略称で、不動産業者同士をオンラインでネットワーク化し、全国どこでも不動産情報を閲覧できる仕組みです。REINSは国土交通省が指定する指定流通機構が運営します。不動産の売却を依頼すると、一般媒介契約以外の不動産会社はREINSに物件情報を登録します。情報は全国の不動産会社に公開され、多くの方に情報が届くため、早期の売却が可能です。REINSには過去の取引情報も蓄積され、取引価格の動向の把握もできます。

基本的な仲介売却の流れを
おさらいしておきましょう

1相場の確認
売却予定の不動産の相場情報をしっかり調べます。「国土交通省土地総合情報システム」サイトで都道府県別の基準地価格や、実際の取引価格を調べ、複数の大手ポータルサイトで、周辺物件の売り値から相場観を確認します。
2売却相談・物件調査・価格表示(査定書提出)
不動産会社に売却を相談し、価格査定を依頼します。複数の不動産会社に時期を変えて見積もりを依頼すると、高く売却できる可能性が高まります。オンラインの一括査定も可能で、訪問査定だと営業担当者を評価できます。
3媒介契約の締結

媒介契約の締結

売却を依頼したい業者と媒介契約を結びます。「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」のうち、一般的に早く買い手を見つけるなら専任媒介、価格重視なら一般媒介を選びますが、不動産会社とも相談して決めます。

4売買活動・交渉
売却活動期間中、問い合わせや内覧の希望に対応し、不具合や欠陥の情報も正直に伝えることが大切です。内覧時には見学者の希望を優先し、掃除や換気、水回りを磨くと印象が上がります。購入希望者が決まれば交渉に移ります。
5売買契約
売買が決まれば、仲介業者、売り主様、買い主様の3者で売買契約を結びます。契約時に不具合や欠陥があれば、確実に伝え、引渡しの条件も決めます。契約書に記名押印して契約は完了です。売り主様は手付金を受け取ります。
6代金授受・物件引渡し

代金授受・物件引渡し

売却価格が全額振り込まれたら、抵当権の抹消や所有権移転の登記申請を行い、契約書で定めた期日に引渡しを行います。仲介手数料や税金などの諸費用を支払い、固定資産税や管理費は一般的に引渡し前日までを日割り計算します。

7譲渡税の納付
不動産の売却益があれば、売却した翌年に確定申告する必要があります。譲渡税として所得税と住民税が課税されるためです。購入時より安く売却した場合は、譲渡損失の繰越控除制度の対象となる可能性があります。

PICK UP!オンラインでの打ち合わせも可能です

PICK UP!オンラインでの打ち合わせも可能です

KAY不動産コンサルティングは新型コロナの影響により、対面による打ち合わせに不安があるという方のために、オインラインのシステムを使った打ち合わせに対応いたします。当社までお越しいただく必要がなく、ご自宅からご相談いただけますので、ご利用ください。

to top